【心得】ワーキングホリデーを成功させる秘訣

 

ワーキングホリデーという言葉を、ご存じでしょうか。日本以外の国へ行くということは、とても難しいことです。言葉の壁や考え方・宗教の問題など、様々な問題が待ち構えています。法律などもきちんと理解していなければ、大変なことになってしまいます。経済的な不安もありますが、やはり一番大きな問題はメタルの面ではないでしょうか。

 

ワーキングホリデーで外国へ行く場合には、そういったメンタルの部分をどうにかする必要があります。日本人は人見知りをする方が多く、その問題を解決するためには現地の人たちの力を借りる必要性があります。

 

現地の人たちの力を借りるということは、どういったことでしょうか。簡単に言うと、道に迷えば現地の人に道を聞くということです。現地でわからないことがあれば、現地の人に聞くしかありません。ほかのことに関してもそうですが、これができれば別に問題はありません。言葉がわからなかったとしても、身振り手振りといったジェスチャーで自分の意志を伝えるのです。相手の言葉のニュアンスを感じ取り、意志疎通を図ることができれば大丈夫です。

 

ワーキングホリデーを成功させるためには、こういった積極性も大切なことです。自分から進んで道を聞いてみたり、現地の人と触れ合うことが大切です。日本の恥ずかしがり屋な性格を直す意味でも、少しずつ現地の人とのふれあいで経験を積みましょう。それだけでも、こういった経験はかなりの財産となることでしょう。