【学び】ワーキングホリデーで得られること

 

ワーキングホリデーの半年から1年間というのは、多くのことを学べる期間でもあります。そこでしか学ぶことのできないことも多くあり、この制度はとても大きな意味のあることです。

 

現在社会問題となっているコミュニケーション不足ですが、コミュニケーションは人間としての感情の基礎的なものです。思いの共有や人と人との意志疎通など、現代社会において一番必要とされているものかもしれません。ワーキングホリデーでは、かなり高度なコミュニケーション能力が必要となります。言葉の違いや文化の違いなどを乗り越えて、現地の人と接していかなければなりません。ですがそんな環境のもとで生活することは、コミュニケーション能力がかなり鍛えられることになります。

 

コミュニケーション能力の中でも、特に相手を認めるという点が最も鍛えられることでしょう。価値観というのは、人それぞれ異なります。異文化である外国で暮らしている方は、さらに価値観が異なるものです。例えば両親への愛情ですが、日本では軽視されがちです。ですが海外の人達は親への愛情は深く、親を侮辱されると日本では考えられないぐらいに激怒することでしょう。このように日本で軽視されていることが、海外では重要視されることもあります。反対に日本で重要視されていることが、海外ではそれほどどいうことも少なくありません。こういったことを学ぶことは、コミュニケーション能力を磨くという意味で大切なことです。

 

そういった日本との違いを認めることが、非常に太くて強いきずなを生むことになるのです。ワーキングホリデーは、非常に貴重な体験ができる制度なのです。