ワーキングホリデー【韓国】

 

韓国は、日本人にとってもなじみの深い国のひとつです。1999年から、ワーキングホリデーの制度で渡航することができるようになりました。

 

ワーキングホリデーの定員は、当初は1000人だったようです。ですが日本から行きやすい国ということもあり、希望者も多くなっていきました。現在では定員は7200人となっていますが、2012年には1万人に拡大する予定となっています。現時点では、申請するとビザが発行される可能性はとても高いといえるでしょう。

 

韓国への入国審査で大切なことは、ワーキングホリデーのビザをきちんと見せるということです。韓国へは日本人観光客や仕事での逗留が非常に多くなっているので、観光ビザでの入国とみなされてしまうこともあります。そうなると、手続きも面倒になってしまいます。最初に、きちんとワーキングホリデーのビザであることを示すようにしましょう。

 

韓国の言語は、ハングル語となります。時差もなく、気候も日本と近いために大きな違いはありません。ですが、韓国の冬は厳しいのである程度の防寒対策はきちんと用意しておくようにしましょう。建物内は床暖房の普及率も高いので温かいのですが、屋外はとても寒いようです。ハングル語はなじみ深いので、挨拶程度はしっているという人も多いでしょう。

 

クレジットカードの普及率も、とても高いので安心です。Visaやマスターカード等のクレジットカードを持っていれば、そう困ることにはなりません。何よりも日本と近いというのが、うれしいところですよね。