ワーキングホリデー日本でのこれまでの歴史

 

1980年の12月に、ワーキングホリデーが日本で採用されました。日本で最初にワーキングホリデーの取極を結んだ国は、オーストラリアです。オーストラリアと日本の関係はとても両行で、留学に関しても非常に活発な交換が行われています。お互いに、双方の文化はかなり知れ渡っていることでしょう。

 

その5年後である1985年には、ニュージーランドとも取極が行われました。そしてワーキングホリデーの制度を締結しましたが、翌年にはカナダとも取極を結びました。

 

そんなワーキングホリデーですが、1980年代から90年代にはあまりこの制度が普及することはありませんでした。海外へ行く場合には、旅行か留学かどちらかというのが一般的でした。ワーキングホリデーのように長期休暇を取って、海外で生活するというのは好ましく思われなかったようです。日本の文化においても、ワーキングホリデーはあまり受け入れられてませんでした。

 

1999年から2000年の間に、その流れが大きく変わりました。ワーキングホリデーを積極的に利用してもらうために、多くの国と取極を結びました。韓国をはじめ、フランス・ドイツ・イギリスといった国です。これにより、ワーキングホリデーは少しずつですが日本に浸透していきました。

 

2007年にはアイルランドとデンマーク、2009年には中国と台湾で制度利用が許可されました。これによって認知度も上がり、今後はもっと増えていくことでしょう。