ワーキングホリデー【ドイツ】

 

ワーキングホリデー先には、ドイツを考えてみてはいかがでしょうか。ドイツのイメージは、なんとなく住みにくいったようなイメージをお持ちの方も多いかもしてませんね。サッカーファンにはなじみの深い土地で、サッカー観戦などで日本人がよく出掛ける国でもあります。

 

ワーキングホリデーの制度でドイツへは、年間で500人くらいが利用しています。ワーキングホリデーの制度として、ドイツには定員の設定はありません。ビザの発給は、申請条件さえ満たしていれば大丈夫ということです。審査待ちが面倒で嫌だという方にとっては、行きやすくおすすめできる国といえます。年齢制限もゆるく、31歳の誕生日までとなっているので間口もひろくなっています。注意しなければならないことは、ビザ申請を行う人の居住地によって申請方法に違いがあるという点です。

 

入国審査もさほど心配する必要はありません。ワーキングホリデーで入国する場合には、大使館からビザが発行されます。ですから、特別な手続きなどは必要ありません。パスポートを見せていくつかの質問に答えることになりますが、EU圏外のパスポート所持者の方に並ぶようにしてください。対応はとても柔軟なので、お堅いイメージをお持ちの方も大丈夫です。

 

ドイツの公用語は、ドイツ語です。寒さがかなり厳しく、北海道なみの寒さと考えておくと良いかもしれません夏の気温は25度くらいまでしか上がらないので、過ごしやすいでしょう。時差もフランスと同じマイナス8時間となっています。