ワーキングホリデー【オーストラリア】

 

オーストラリアは、日本がワーキングホリデー制度を設けた際に始めて協定が結ばれた行先です。1980年にワーキングホリデーの協定が、オーストラリアと結ばれました。この制度を利用して、年間1万人近くの日本人がオーストラリアに渡航しています。ワーキングホリデーの渡航先として、現在でもオーストラリアはとても人気の地となっています。日本人にとっては、なじみの深い土地といえるかもしれませんね。

 

人気の理由
オーストラリアが人気の理由として、まず英語圏であることがあげられます。そして時差がないことや、日本と気候が近いということもあります。ですが、日本語を話せる人は少ないのでサポートもほとんどありません。英語を覚えたいと考える人にとっては、向いている場所といえるかもしれません。

 

基本はクレジットカードを利用することになりますが、通貨はオーストラリアドルとなります。大抵の場所ではVisaやマスターカードがあれば、大丈夫です。手数料に関しては、日本よりもかかることがあるので注意してください。

 

オーストラリアはインターネットも普及しているので、さほどの不便はないでしょう。銀行や郵便局なども、日本とそれほどの違いはありません。銀行のATMは24時間利用可能で、基本的には17時まで開いています。口座開設は、入国6週間以内であればパスポートで作成可能です。できれば、早めに開設手続きをしておきましょう。

 

ワーキングホリデーの渡航先としては、オーストラリアは暮らしやすい国といえるでしょう。