【時差ボケとエコノミー症候群】原因と症状

 

海外旅行もそうですが、ワーキングホリデーの場合にはエコノミー症候群に気を付けましょう。多くの場合、ヨーロッパや北米方面へ向かうことになるでしょう。長時間の飛行機でのフライトを強いられることになりますが、国をまたいでの大移動はとても大変なものです。エコノミー症候群の他にも、時差ボケなどにも気を付ける必要があります。この二つは、ワーキングホリデーには切っても切れないものといえるのではないでしょうか。

 

 

エコノミー症候群の原因と症状

エコノミー症候群はとても怖いもので、長時間座ったままでいた結果膝の裏側や太ももの付け根などの部分で血流がせき止められます。その結果、血栓ができてしまい歩き出した際にその血栓が肺に到達しそこで血管を詰まらせるというものです。サッカー日本代表の高原選手は、この病気の為にワールドカップに出ることができませんでした。血栓ができるということはとても怖いことで、それが脳や心臓に達してしまった場合には脳卒中や心臓発作の原因となり最悪死に至ります。

 

血栓ができたい時点では、このことに気が付かないということが厄介なのです。気が付かない間にいきなり倒れてしまい、苦しくなったりしてしまいます。自分がエコノミー症候群にかかっていることに気が付かないのです。エコノミー症候群を防ぐためには、水分を多めに摂取することが大切です。体を少し動かしたりゆたりとした服装で過ごすことも大切なことです。

 

時差ボケ

差ボケも、できれば早めに取り除くようにしましょう。仕方がないことですが、それを回復させるために長時間の睡眠や長時間起きていたりということは止めましょう。少しずつ睡眠時間を調節して睡眠時間や起床時間をずらすということが大切です。