【在留届】届け出方法と重要性

 

「旅券法」という法律の第16条という、法律があります。旅券法というのは、日本で出て3か月以上海外にとどまる場合に必要となるものです。住所や居所を行き先の管轄の日本大使館、あるいは総領事館に対して提出しなくてはならないというものです。「在留届」と言いますが、こちらは義務付けられているものなので提出しなければ法律違反となってしまいます。忘れがちなので、気を付けて提出するようにしてください。

 

在留届の提出方法

在留届は、どのように提出すればよいのでしょうか。まずは、在外公館に直接提出するか、もしくはFAXや郵送で提出するという方法です。旅券発給の際にそれを受け取る各都道府県の旅券窓口で、記入用紙をもらうことができます。必要事項を記入し、管轄の在外交官に提出します。もしも外国に出た後であっても、在外交官に行くことで手に入れることができます。

 

次の方法は、インターネットでの申請になります。在留届電子申請というページがあるので、そちらに必要事項を記入し登録するだけです。とても楽で簡単で、世界中のどこにいても申請することができるのでいいですよね。帰国届けも、もちろんインターネットで行うことが可能です。インターネットの環境さえ整えておけば、簡単に済ますことができます。

 

 

在留届を出さなかったら・・・

では、この在留届をだしていなければどうなってしまうのでしょうか。ワーキングホリデーの場合には、海外で事故や事件に巻き込まれても連絡がなされません。ほかにも災害などが発生した場合なども、連絡されることはありません。その国での災害が起こった場合に、家族への安否確認や連絡がないということです。家族も心配することでしょう。こういったことが起こらないように、ワーキングホリデーの場合には必ず在留届の届け出を忘れないようにしましょう。