【治安】ワーキングホリデーの渡航先の安全性とトラブル回避方法

 

海外旅行もそうですが、ワーキングホリデーで大切なことは、治安に気を付けるということです。事前にきちんと調べて、その地域の中でも治安の悪いところにはいかないようにしましょう。ワーキングホリデーでは、その土地で実際に暮らすことになります。ですから、その地域での治安の悪い地域を教えてもらうことが大切になってきます。

 

日本は諸外国に比べて、治安の良い国だとされています。ですが、最近ではその治安の良さも崩壊しつつあるといわれています。過去の日本と比較した場合であって、それでも日本はまだまだ海外に比べれば安心できる国といえるのではないでしょうか。日本と同じような感覚で海外で生活をすると、様々な悪いことに巻き込まれてしまう恐れもあります。

 

よく言われていることですが、日本人はカモにされやすいということです。平和ボケしているので、日本人というだけで狙われてしまうようなこともあります。これが現状なので、よく理解しておくことが大切です。

 

トラブルを避けるためには、まずお金を持ち歩かないということが大切です。持ち歩くお金は必要最低限にして、あとは金融機関などに預けておくことが安心です。もう一つ注意しなければならないことは、誘拐です。日本での誘拐といえば子供が大半ですが、海外の場合では大人の誘拐もあります。日本人が誘拐の対象となることもあり、自分がその対象になっていることを常に頭に入れておくことが大切です。

 

女性は特に注意が必要dえ、痴漢や強姦の被害にあることも考えておく必要があります。服装は露出をひかえて、控えめな洋服で出歩くことも大切です。ほかにも置き引きなども多いので、自分の荷物の管理はきちんとしておくようにしましょう。