ワーキングホリデーって何?

 

ワーキングホリデーについて

 

「ワーキングホリデー」という言葉を耳にすることはありませんか?最近ニュースなどでもよく取り上げられており、特集なども組まれているようです。ワーキングホリデーについて、どのようなものなのか気になっている方も多いことでしょう。では、ワーキングホリデーがどのような制度なのかを見てみましょう。

 

ワーキングホリデーというのは、異文化のコミュニケーションを学びながら休暇を満喫するというものです。そして、その滞在期間の必要経費を一定の就労を経て稼ぐための許可を得るのです。これらは、査証・あるいは入出国管理上における特別な制度と位置づけられているものです。18~25歳、あるいは30歳までの青年が対象となっています。

 

難しい言葉でわかりにくかもしれませんが、要するに外国で勉強しながらアルバイトをするということです。さらに、その上で観光や交流などの異文化も楽しもうというものなのです。外国での様々な世界観に触れることを支援するものです。

 

支援といっても、お金や物質的なものを提供するのではありません。外国で一定期間を過ごすうえで色々なことを学ぶのですが、その生活を維持するための仕事をしてもかまわないというものなのです。

 

このワーキングホリデーの制度を利用することによって、長期間諸外国に滞在することが可能となります。1日や2日で異文化を学ぶということは、到底できませんよね。旅行のような感覚ではなく、その場で生活をして日常生活の中で学んでいくのです。さらに日常生活を繰り返す中で、言語力も養うことができます。これが、この制度における大きな意義ともいえるでしょう。

 

 

ワーキングホリデーの特徴

ワーキングホリデーというのは、外国の長期滞在しながらその地で休暇を取りつつ労働するという制度のことを言います。この制度は、その国の日常生活を体験できるという大きな特徴があります。

 

通常外国に行く場合には、旅行であればそれほど難しくもなくいくことができます。費用の面でも、ガソリン高騰の影響で交通費がかかる心配も以前はありました。ですが、今は落ち着きを見せているので海外旅行にもさほどの費用かかからなくなりました。少し頑張ってお金を貯めることができれば、誰でも海外旅行に行くことは可能です。

 

海外旅行に何日か行った程度で、その国の何を知ることができるのでしょうか。もちろん観光や歓楽街での遊びを体験することは可能です。ですが、その国の日常がどのようなものなのかを知ることはできません。その地に済んでいる人の毎日の食生活はもちろんですが、何をして過ごしているのかを知ることはできません。どのような会話をしてどのような生活をしているのかは、旅行では知ることができないのです。

 

ですが、ワーキングホリデーでは最大で1年間その地で暮らすことが可能です。各国によって異なる部分もありますが、基本的には1年間の滞在期間となります。さらに、3ヶ月間の同一雇用主の下でのアルバイト及び語学学校への通学が許可されています。

 

一年間という期間はとても長いものですが、その地で働きその地の文化に触れることでいろいろと学ぶことができるでしょう。日本との違いはもちろんですが、共通する部分なども見えてくることでしょう。ワーキングホリデーは、人生において非常に大きな価値を持った制度ではないでしょうか。

 

 

ワーキングホリデーの良いところ

ワーキングホリデーは、様々な利用価値があるとされています。ですが、このワーキングホリデーの最大のメリットとは何なのでしょうか。

 

海外で長期に滞在する場合には、留学という選択肢しかありませんでした。ですが、この留学という制度では学生時代にしか利用することはできません。さらに、学ぶことや遊ぶこと以外には何もできません。ワーキングホリデーは、留学とは異なり1年間という長期滞在が可能となります。年齢も学生ではなく、25もしくは30歳までの間に行うことが可能となります。ワーキングホリデーの最大のメリットは、なんといっても働くことができる点ではないでしょうか。

 

働くということは、並大抵の苦労ではなく大変なことです。言葉も通じないような異文化の中で働くということは、疲労感も半端ないでしょう。ですが長期間働くことによって、通常の旅行や留学では知ることのできないことを知ることができるのです。例えば、その国ならではの習慣や風習・良いところなども見えてくるでしょう。日本でも同じで観光地を巡るだけでは見えないことや習慣のようなものもあります。そういったことを知る上で、働くということはとても重要で有効な手段のひとつなのです。

 

ワーキングホリデーでは、この就労が大きな意味を持っています。働くことによって、生活費用や交通費などを稼ぐことができます。1年間の滞在において、生活すべてをその労働の賃金で賄うことは難しいでしょう。ですが、あらかじめ用意しておいた資金の手助けにはなるのではないでしょうか。

 

英会話についてはオンライン英会話を参考にされるといいですよ。